興福寺の中金堂や五重塔を見学し、そのまま奈良公園登大路園地を抜けるように奈良帝国博物館へと足を運ぶその道中、木漏れ日の中にひっそりと佇む門構えがあることに気がつくだろう。
一般人立入禁止のためにほとんど注目もされないこの建築は、実は「僧坊」とよばれる興福寺住職の住居であり、そのうち幾つかはまぎれもない奈良の近代和風住宅建築である。

基礎データ

現名称興福寺本坊
旧称
所在地奈良市登大路町
設計者三代目 木津宗詮きずそうせん
構造木造平屋
竣工年南客殿|明治41年(1908)・静観寮|昭和6(1931)年
利用状況
見学条件見学不可
興福寺本坊 基本データ

施設利用案内

一般客の利用・見学等は一切不可。

建築について

平面構成

興福寺本坊 南門(岡田撮影)
  • 興福寺伽藍の東方に位置する。
  • 南面に四脚門[1] … Continue readingを開き、あとは周囲をぐるりと本瓦葺築地塀ついじべい[2]築地塀:石垣の基礎に柱と貫で骨組み造り泥土をつき固めて、上部に屋根を掛かけた塀のこと。で取り囲む。興福寺敷地内ではやや閉鎖的な施設といえる。
  • 敷地中央に南客殿を配置し、その奥に北客殿・台所等を、南西よりに静観寮せいかんりょうを配置する。

南客殿

興福寺本坊(岡田撮影)
  • 桁行八間、梁間五間。基本は入母屋造桟瓦葺
  • 基本は矩形の平面だが、南面中央に入母屋破風を持つ三間幅の突出部があり、玄関となる。前面柱間には虹梁こうりょうを渡し本蟇股かえるまたで支え、下り藤の家紋[3]下り藤の家紋:藤原家の代表的家紋。興福寺は藤原家の氏寺である。を彫刻する。柱頭部は舟肘木で支え、天井は格天井、袖壁より内側を拭板ぬぐいいた敷とする。
  • 向かって右には二間幅の小玄関もあり、こちらも桟瓦葺の庇を持つ。
  • 玄関間は、六畳分の畳張り空間のほかは板張りとなっている。板張りはそのまま建物中央やや右よりを突き抜ける一間幅の廊下となって建物を東西に二分し、さらに建物の北面走る一間幅の広縁と垂直に接続する。
  • 廊下の西側には八畳室が隣接し、その更に西側には格天井を備えた二間幅の床の間を持つ八畳間が控える。(2018年5月に開かれた第76期名人戦七番勝負第3局において、佐藤天彦名人(当時)と羽生善治竜王(当時)が対局したのも、この部屋と見られる。)またその南側、建物南西の十畳間は、クロス張りで洋風に改造された応接間が並ぶ。
  • 廊下の東側には六畳間が縦に3つ連なって配置され、内最も手前の一室は小玄関の上がり口として機能する。廊下とこの三つの六畳間には長押が打たれていないことから、他の部屋と異なり接客を目的としていないことが伺える。
  • 小屋組は梁上に束を建てて母屋を支持する和小屋で、垂木より上は新材。棟木には「明治四十一年十月十二日上棟」の銘が刻まれており、これによって建立年代が判明した。

静観寮

  • 明治・大正期の茶匠であり、茶室設計で名を残す。木津宗詮きづそうせんによって、昭和6年に設計された。
  • 木造一階建ての桟瓦葺入母屋造で、四畳半・六畳・三畳の茶室を持つ。

参考文献

References

References
1 四脚門:門柱の前後に控柱を2本ずつ、左右合わせて4本立てた門の建築様式。(つまり厳密には柱は門柱2本+控柱4本の計6本である)。一定以上の格式ある建築にのみ採用され、重要文化財級の建築物の中では最も多い様式。
2 築地塀:石垣の基礎に柱と貫で骨組み造り泥土をつき固めて、上部に屋根を掛かけた塀のこと。
3 下り藤の家紋:藤原家の代表的家紋。興福寺は藤原家の氏寺である。